10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
☆我が子を守る為に☆


JUGEMテーマ:*チワワ*








最近はポカポカ陽気のお出掛け日和が続いてますね〜。(^^;


今年はとうとうお花見にも行けず。。。

みなさんのところで楽しませていただきましたが、

マル姉もこーしちゃいられないと帰宅後チャチャッと

お散歩には行ってました(既に過去形。。。はい、三日坊主です)笑



暖かくなり、これからお出掛けも多くなるはず


しか〜し、今こんな陽気で夏本番はどーなるんだ。。。(怖)




そこで、そんな夏本番を前にちょっと真面目な話を一つ。


実は先月、長い間犬学を勉強されていたお友達の若葉★さんが

研修終了になり、これから『ワンコのお教室』を開業するという事で、

教室のシュミレーションに参加してきました。 



最初にフード・シャンプー・オヤツ・サプリメントのお話。

お勧めの商品やその理由、選ぶ時のポイント等々。。。




そしてこの日のテーマは『熱中症』

毎年暑さが厳しくなっています。

去年までは何事もなくても、今年は分かりません。

もし、我が子が熱中症になったらどうしますか?

もちろん病院へ行くでしょう。

でも休日だったり病院まで遠い場合、どうしたらいいのか。



舌を出し、息が荒く、ヨダレがすごい。身体が熱い。

グッタリしてきた。

私達がいかに早く異変に気が付くか。。。

そして、異変が起こってからの10分間が

我が子を助けられるかどうかの時間だと。


若葉★さんは、その10分間に必要な 「応急処置」

1人でも多くの方に知って頂きたいと話していました。



大切な我が子を守る為に、私達にできる事を。。。



ちゃんと書けるか少々不安ではありますが、

その「応急処置」をここにUPさせていただくことにします。




【お出掛けの時の必需品】

・タオル数枚
(身体が包めるくらいのものもあったほうがいい)

・犬用スポーツドリンク、水

・シリンジ(水分補給の為の注射器)
(スポイドでもいいが一気に出やすいので注意)



【熱中症の応急処置】

まず、行った先の水場を確認しておくこと。


車までの水場を把握する。

(出来れば水場に近い所へ駐車する)


車を離れる時は車内に熱気がこもらない工夫をすることも大切。



異常がみられたら水場へ行き身体を冷やす。(出してる水に直接つける)

(この時2人いた場合は1人が車へ戻り換気、冷房で車内を涼しくしておく)

身体を冷やす時は心臓に遠い部分から(↓)

(右後ろ足)

(右前足)

(左後ろ足)

(左前足)

(お尻)

(背中)

(頭)

※水を怖がる子の場合はタオルを濡らして冷やす。


これを車に着くまで水場ごとに行う。

(車まで身体を冷やしながら移動する)


水分補給も忘れずに。飲む力が無い子はシリンジで少しづつ飲ませる。

(この場合、スポーツドリンクの方がよい)

車内でも身体を冷やしながら病院へ行く。



1人の場合は全部自分でしなければいけません。

きっと慌ててしまいますよね。。。




去年の夏、若葉★さんは墓地で実験したそうです。


夏の墓地は思っているよりも高温でもっとも危険な場所。


実験では車が水場から少し離れた所にあったものの、


上記の事をしながら車まで、時間は十分あったという事でした。


私達がパニックにならず落ち着いて行動しても間に合う。。。


慌てずに手元足元に注意して、弱ってる我が子の身体を


優しく濡らしてあげて下さいとの事。


「10分」という時間。

この応急処置を知っていれば、私達の気持ちも行動も我が子の状態も


知らない時とはきっと違ってくるでしょう。





以前マル姉の飼っていた愛犬が病院へ予防接種に行く間に

熱中症になり、病院で頭からシャワーをかけられました。


滝に打たれるようにジャージャーと。。。

だから身体を冷やすということは知っていたのです。


知ってはいても、今回この「応急処置」を聞かなければ


慌てて突然水を浴びせただろうと思います。


身体の小さな子が弱っている時に突然水をジャージャーと

流してはビックリしたり怖がったりでより負担をかけてしまう。


そんなふうに考える事はなかっただろうと思うのです。



いや。。。本当に教えてもらえて良かった〜。(- -;





若葉★さんは言っていました。


我が子だと思って育てているパパやママの力になりたい!




若葉★さんも4ワンコのママです。


皮膚アレルギーだったり膝蓋骨脱臼だったり


目が離せない時期もあったと聞きました。


そんな若葉★さんだからこそ


我が子にしてあげられる事を知ってほしいと願う


気持ちが教室開業に至ったのだと思います。



マル姉もその気持ちを応援したいのでUPしました。


この応急処置の方法がみなさんの心に残りますように。。。





って、ちゃんと書けてるだろうか。(汗)


間違えてたらエライコッチャ。。。(_ _)


もしもの時はダメだししてね、若葉★さん〜

















続きを読む >>
マル姉 | 知っておきたいこと | 00:39 | comments(6) | - | pookmark |
1/1PAGES | |